ただ、好きという事だけで此処にいる

下吉田のバス停からみえた夕景に見送られて、
今、東京に到着した。

今週は、半分以上の日程を搬入のため、
富士吉田で過ごした。

この展示会は、
旧知の友人の3人と作り上げた。

素晴らしい展示会になると思う。
そう言えるものが、会場に表現出来ました。

それは、この3人だからこそ出来た事だと思います。
互いを信頼し合い、助け合ったから完成したのだと。

そんな完成した空間を見ていて、思うことがあった。


この展示は、織物産業についてを伝えたい、
知らせたいという展示ではあるけれど、
その中核には、もっと根源的なメッセージが込められているように思える。

展示会で語られる、”何かを無心に好きだ” と
まっすぐに語れる気持ち。

情報が多い、迷いやすい
今の時代だからこそ、
その大切さが分かるのかもしれない。

「好き、だから」という事だけで此処にいる。

フワフワした台詞かもしれない。
それだけじゃダメかもしれない。

それでも、その”好き”が始まりで、
すべてが此処に至る。

そんな曖昧で、でも確かな思いを秘めて、皆んな生きている。

とても強い力を皆んなが持っている。
そういうものを、より多くの人と、
共有できたら嬉しいと思う。