開催によせて

装いの庭の藤枝です。2月7日金曜日から企画展「織り機につどう」がスタートしました。

連日さまざまな人に足を運んでいただき、期待以上の反応をもらっています。ありがとうございます。

自分でもどういう形になるのかわからなかった部分もたくさんあったのですが、展示はとてもすばらしいものができあがりました。

開催によせて、改めてこのプロジェクトのことをまとめて置こうと思います。

「織り機につどう」は、産業を未来につなげるための企画展です。

売上の減少、賃金の低下、職人の高齢化などさまざまな課題のある繊維産業。特に分業化され、ひとつの工程に特化した職人さんたちの仕事はそれが直接消費者の手に届き、売上につながるものとは少し異なります。

こうした準備工程の職人さんの存続は大きな課題です。機屋番匠の仕事もその一つ。

産業を縁の下で支える仕事を未来に伝えていくため、ぼくらが選んだ答えは「展示をすること」でした。

日の当たりにくい仕事ならスポットをあてる機会をつくろう。自分たちなりの目線で世に問おう。こういう仕事があることを。織り機の周りには人がいるということを。

幸いにも、仕事を学ぶ機会を求めている人たちがいました。ならばその機会も併せよう。それがこの展示です。

頼った二人の友人はすばらしい仕事をしてくれました。

アートディレクション・山口明宏くん。記録写真、プロモーション映像、展示で目にする映像・ビジュアルの制作はすべて彼の手によるものです。

会場構成・設計 久米岬くん。展示会場の構成・設計、額の制作。手に取れるものの制作はすべて彼の手によるものです。

展示は3つの部屋に分かれています。

織り機を構成するパーツと実際の織り機に触れられる部屋「織り機の分解展」。

職人のインタビューと仕事の風景、そして、さまざまな立場の人が過去語ってくれた言葉を集めた「織り機につどう人々」。

見えない作り手と受け取り手のつながりを“円”のモチーフに宿し、織り機のみる走馬灯を表現したインスタレーション「織り機の記憶」。

展示の費用の一部はクラウドファンディングでご協力をお願いしています。(https://faavo.jp/yamanashi/project/4215)。また、「織り機につどう人々」の部屋で展示している織り機のパーツの額装品「織り機の記憶」は販売をしています。

これらのお金は織機の運搬をはじめとした今回の展示の経費だけでなく、ここから発展し今後展開していくであろう事業継承のための資金にもあてていきます。よろしければご支援をいただけましたら幸いです。

展示の開催にあたってはたくさんの人の力と知恵と時間をお借りしました。

織機の解体と運搬にご協力いただいた機屋番匠 渡邊徳重さん、舟久保織物 舟久保勝さん、舟久保晴基さん。

取材に応じていただいた光織物 加々美好さん、用元歩夢さん、宮下織物 宮下珠樹さん、藤崎仁美さん。

ロゴデザインをしてくれたsarasaさん。

資料作成にご協力いただいた産業技術センター 五十嵐哲也さん、鈴木文晃さん、秋本梨恵さん。

素材回収・展示設営にご協力いただいた繊維産業活性化地域おこし協力隊・森口理緒さん、ハタオリマチルーキーズ 橋壁里菜さん

通じ糸の提供をしてくれたモリモト㈱大西隆博さん。

温かなご支援をいただいた富士吉田織物協同組合のみなさま、ふじよしだ定住促進センターのみなさま、山梨県庁産業振興課のみなさま、富士吉田市役所のみなさま、クラウドファンディングでご支援くださっているみなさま。

この展示がさまざまな人の目に触れて、産業に想いを馳せるきっかけになることを願っています。 どうぞ心ゆくまでお楽しみください。