藤枝大裕

はじめまして。「装いの庭」の藤枝大裕(ふじえだひろやす)と申します。この度はプロジェクトをご覧いただきありがとうございます。

山梨県の郡内地域は古くから続く織物の産地です。そこでは今さまざまな動きがあって近年はD&DEPARTMENTからは「日本で一番元気な繊維産地」と呼ばれたりもしています。このプロジェクトもその中のひとつです。 

私は、山梨県の郡内地域を中心に繊維に関係するイベントの企画と運営を行っています。もともとは服飾専門学校を卒業後、撚糸メーカーに入社し、衣料用の糸の開発、営業をしていました。仕事を覚えていく中で業界の構造に思うところがあり退職。まったく異業種のイベント・メディアの編集に携わります。今は、それらの経験を活かし、テキスタイル・ファッション産業を自分なりの切り口で盛り上げる企画を実現するべく活動しています。

主な仕事としては富士吉田市の本町通りで毎年秋に開催される「ハタオリマチフェスティバル」や八王子市中野上町で行った「0041walk」、昨年の4月からは富士吉田市内の旧製氷工場を回収したギャラリースペース「FUJIHIMURO」の展示企画を担当しています。

関連する記事

山口明宏

久米岬